副業

【悲報】欧州の安楽死制度、倫理の壁が決壊

投稿日:

1: 稼げる名無しさん 2021/02/21(日) 23:56:45.84 ID:dmMA1gByd.net
生命倫理研究所によると、ベルギーとオランダでは2002年に安楽死と自殺補助事件が合法化されて以来、急速に増加している。
ウィーンに本拠を置く医療人類学生命倫理研究所(IMABE)は2月12日,ベルギーで症例が2002年のわずか24件から2019年には2656件に増加したと発表した。 同期間、オランダでは1882件から6361件に急増した。
1988年に設立されたオーストリアカトリック司教会議と関連のあるIMABEは、先月ゲント大学の倫理学者カスパル・宴Eスがベルギーの安楽死を目的としたセーフガード措置が実際に機能していないと結論づけた研究を引用している。
ドイツ語版ニュース パートナーである CNA Deutsch は、ラウス氏とその共同執筆者が、この障害の 3 つの理由を提示したと述べています。
まず、2002年安楽死法の適用範囲が拡大した。 法律によると,自殺ほう助は重病や不治の病,耐えられない病の場合にのみ認められる。
しかし実際には、「人生に疲れている」ことも一つの理由として認められている。
医師はいわゆる「多病学」を診断することで法を無視することもできるという。 老年期に生じる視覚障害、聴覚障害、慢性痛、リウマチ、衰弱、疲労など、さまざまな症状を指す。
同研究によると、2019年には「多病学は17.4%を占めた。報告されている安楽死のすべての症例のうち、驚くべき47パーセントが報告されている非終末的安楽死のケースです」
第二に、1人か2人の独立した医師との強制的な協議は、実質的な安全性を提供しないことを示唆した。 医師の能力は限られているし, 何よりも医師の評価は拘束力がない.
最終的には、「安楽死を行う最終権限は、相談を受けた医師の(否定的な)助言に反しても行うことができる主治医にある」ということになる。
第三に、ベルギーの安楽死連邦管理評価委員会を批判する。
同委員会は、「安楽死を行う医師と検察官の間のフィルターとしてではなく、潜在的に問題のある事件が付託されるのを防ぐ盾として機能しているようだ」と書いている。
これまでに検察官に送致された事件は一件だけです。
複数の委員が透明性と一貫性の欠如に抗議して遺体を去ったと伝えられている. ある報告書によると,オランダ語を話すベルギー北部のフランドルでは,
安楽死が公式に報告されているのは3件に1件だけだ。
オランダでも高齢者の安楽死が増加しているという。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
権利として認められるのはありだと思うけれど・・・。
正直何とも言いにくいところがあるお。
yaruo_asehanashi

 まぁ個人の権利であって全体に当てはめる事は出来ない話だしな。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報
【悲報】欧州の安楽死制度、倫理の壁が決壊

-副業

Copyright© 副業まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.