副業

東京圏外へ移住で「最大100万円」 移住支援金

投稿日:

1: 稼げる名無しさん 2021/07/04(日) 15:46:29.40 ID:KXfwpDBC9.net
「移住支援金」は、2019年度~2024年度に、東京23区に在住または通勤する人が東京圏外や東京圏内の条件不利地域へ移住した際に、最大100万円を受け取れるというものです。
加えて、地方で起業する人であれば、「地方創生移住支援事業」の「起業支援金」からの支援金が最大200万円の受給できるため、最大で300万円のお金を手にすることも可能です。
移住先での“就業等”に関しては、地域の中小企業などへの就業や地域で社会的起業などを実施するといったこれまでの要件に加えて、
2021年の転入者からは、東京の企業に勤めたままでのテレワークによる移住や、プロフェッショナル人材事業を通じた移住なども、新たに支給対象とする地方公共団体が増えています。
移住先の都道府県の求人に応募したり自分で起業したりして、前述の移住支援金を手にする形での移住は、それまでの仕事を辞めることになります。
つまり、それまでの“勤続年数”は白紙に戻ります。住宅ローン審査では“勤続年数”を重視する金融機関が多いため、普通に考えれば、移住してすぐの住宅ローンの借り入れは本来なら非常に難しいと考えられます。
もしも、移住のタイミングで家を買いたいなら、全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】を視野に入れておくのがおすすめです。
【フラット35】には「地方移住支援型」や「地域連携型」など、地方移住者などの物件購入・住宅建築時の融資に積極的に取り組む金利引下げメニューがあるからです。
条件を満たせば【フラット35 S】や【フラット35】のリノベーションによる金利引き下げと併用することも可能です。
今年は13年の住宅ローン控除も継続しており、住宅の取得を検討している人には税制優遇の追い風が吹いています。
2021/07/04 10:00

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 うーん・・・、移住が決まっている人ならいいと思うけれど、この資金のために移住をとはならなさそうかお。
 単身最大60万円なら引っ越し代で消えそうな予感もするし。

acha

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報
東京圏外へ移住で「最大100万円」 移住支援金

-副業

Copyright© 副業まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.