副業

【ヤバイ】アメリカも完全に医療崩壊か

投稿日:

1: 稼げる名無しさん 2021/08/24(火) 18:11:22.93 ID:+ZRdxTAD9.net
【ワシントン・ポスト】銃弾6発を受けても 「コロナ満床」で手術を10日以上も待たされる 

ジョエル・バルデスがテキサス州ヒューストンの病院に運ばれたのは、新型コロナウイルスに感染したからではない。
だが彼は、コロナ急拡大の余波を、身をもって体感せずにはいられなかった。
8月6日、バルデスは不運にも、スーパーの駐車場でもめていたカップルの痴話げんかに巻き込まれて、6発の銃弾を受けた。
ベン・タウブ病院に搬送されたが、コロナでICU(集中治療室)が満床のため、手術を10日以上待たされることになったという。
「骨折したまま、そして銃弾が体内にある状態のまま、もう1週間以上です。苛立たしいですよね」
と、バルデスは地元テレビ局「KRIV」の取材に答えた。
彼によれば、首の傷と左肩の3つの銃創に手術が必要だという。
本紙「ワシントン・ポスト」がバルデスに連絡をとったのは8月16日。その時点でも彼はまだ手術待ちの状態だった。
16日時点で、ベン・タウブ病院のICU病床使用率は103%。このうち33%をコロナ患者が占めていた。
同じヒューストンにあるリンドン・B・ジョンソン病院でもICU病床使用率は94%、うち54%がコロナ患者だった。
この2つの病院を運営するハリス・ヘルス・システムの広報担当者によれば、コロナ感染者の急増を受けて、
医師らは患者の緊急度や重症度によって優先順位をつけるトリアージを余儀なくされているという。
「医療リソースがひっ迫しているため、手術が必要な患者はいくつかの指標に基づいて優先度が決められています。
その結果、残念ではありますが、緊急ではない手術については遅れが生じる可能性が出ています」
感染力の強いデルタ株の蔓延により、アメリカではとくにテキサス州やアーカンソー州、ミシシッピ州などでワクチン未接種者を中心に感染が急拡大。
ICUが満床に近づいたり、使用率100%を超えたりするなど、危機的な状況に陥っている。
バルデスはスーパーでの買い物を終えて出てきたところで、駐車場でけんかをしている男女を見かけた。男はバルデスに気づくと、彼に向って叫び始めたという。
そこでバルデスが自分の車に乗って帰ろうとしたとき、その男も車でバルデスの横につけてきて、いきなり銃を放ったらしい。
「自分の血がそこらじゅうに広がっていくのを見ながら、妻と息子のことしか考えられなかった」と、バルデスは地元テレビ局「KTRK」に語っている。
この事件では、医療よりも司法が迅速に動いた。バルデスが銃撃されてから数日内に、容疑者の男は逮捕されている。
バルデスはテレビ局の取材を受けた際、視聴者に向かってこんなメッセージを残した。
「けがや病気をしないように最善を尽くしてください。いまこの時期に病院に運ばれてしまうことがないように」

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

流石に銃弾を受けたあと10日間も待たされるのは怖いお。
yaruo_asehanashi

 ただスレ内には「病院に運ばれるだけマシ」とのレスもある。
 日本も他国の心配が出来ない状況になっているかなと。

 しかし市場的には米国はデルタ株の感染ピークかとの報道も出ているのが気になるな。
 新規感染者数や死者数を見るに、まだまだ油断はできなさそうなのだが。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報
【ヤバイ】アメリカも完全に医療崩壊か

-副業

Copyright© 副業まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.