副業

長期案件でも気軽に申し込めるCOZUCHIの気配りに感服

投稿日:

 COZUCHIが運用期間3年という長期案件“下赤塚 一棟マンション【COZUCHI初の完全先着型!】を公開しました。募集開始は11月1日です。

COZUCHI初早いもの勝ち1

 これまでCOZUCHIの募集は抽選でしたが、案件名にあるとおりこの案件につきましては完全先着型、つまり“早いもの勝ち”です。

その代わりといってはなんですが募集額は2億5千万円と歴代最大となっています。

※ただし“伊東市川奈 高級リゾート開発用地 ≪EXITプラス≫”と同額一位

COZUCHI初早いもの勝ち3

この案件下赤塚駅1分と立地的には申し分なさそうです。

 COZUCHIIお得意のストーリーですが、不動産の持ち主が相場以下で賃料を設定しているため、この賃料を相場に近づけて行くことで価値向上、ならびに転売が狙える案件とのことで、これまた興味深いです。

COZUCHI公式サイトへ

価値向上の鍵は“マスターリース解除”

COZUCHI初早いもの勝ち5

 具体田的にどのように価値向上を図るのかも説明されています。実はこの不動産(マンション)はマスターリースで運用されています。つまり不動産の持ち主が、とある人Aに不動産全体を貸付る。そのAが個別の住人にさらに又貸ししているという形態なのです。

 不動産保有者はその人物Aに運用は任せっきりにでき、かつ安定した収益を得ることができていました。その代わりAに手数料を抜かれる形で収益は不動産の価値に見合わないものでした。

COZUCHI初早いもの勝ち7

 COZUCHIが不動産を保有して直々に不動産を運用することにより、さらなる収益がこの不動産から得られることが望めるというわけです。

COZUCHI初早いもの勝ち9

 このマンション、1回は店舗なのですが近隣の大手コンビニからその倍で借りたいとの引き合いがあるとのことで、これもこの不動産の価値を向上させる鍵となっています。

COZUCHI公式サイトへ

短期運用も可能

 さてこの不動産、投資しようと思うとネックになるのはやはり“運用期間3年”というところでしょう。

COZUCHI初早いもの勝ち11

 私がこの案件で一番感心したのは、わざわざ“ニーズに合わせた短期運用”という項目を設けて、短期運用も可能であるということをアピールしていいるところです。
 この案件は運用期間3年、で半年ごとに配当があるのですが、その配当基準日から5日程度の“換金無料期間”が設けられています。

 つまり3年まるごと運用する必要はなく、6ヶ月たち半年分の利回りをいただいたら、解約しても大丈夫なのです。

 この仕組のおかげで、リスクを低減させて機動的に運用することが可能です。もちろん半年程度の運用で解約が相次ぐのはCOZUCHIとしても望ましい話ではないでしょう。そこをあえてアピールするところに、投資家本位の考えが伺えます。

COZUCHI公式サイトへ
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

Source: ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
長期案件でも気軽に申し込めるCOZUCHIの気配りに感服

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-副業

Copyright© 副業まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.