副業

COZUCHI、誰もが知る有名建築物EXITで高キャピタルゲイン案件組成!

投稿日:

投資家に心踊るストーリーを提供してくれることが多いCOZUCHI、今回はあの

11COZUCHI中銀カプセルタワービル

中銀カプセルタワービル

33COZUCHI中銀カプセルタワービル

 を舞台とした案件です。このビルはWikipediaにも載っているくらい有名なビルであり、建築に疎い私でさえニュースで見たことがあります。このカプセル部分は取り外しができて、別の場所(例えば旅行先のリゾート)に運ぶことができるのです(一度も実施されたことはないそうですがw)

22COZUCHI中銀カプセルタワービル

 案件名は” 銀座 EXITファンド”、EXITと名前がついていますが、今年の5月に募集されわずか3ヶ月でEXITして、想定を上回るキャピタルゲインを叩き出した

44COZUCHI中銀カプセルタワービル

“田端 EXITファンドⅠ”以来ののEXITファンドです。

募集開始は本日(12/9)の夜7時より、今回も人気殺到が予想されます。

COZUCHI公式サイトへ

55COZUCHI中銀カプセルタワービル

COZUCHIにおいてEXITファンドとは、すでに売却契約が結ばれているファンドを指します。

66COZUCHI中銀カプセルタワービル

立地は銀座8丁目、JR新橋駅に近く申し分がない立地のうえ、わざわざ説明書きで

既に売却契約を締結済みのため売却リスクは低いEXITファンドとなっております。


とことわりがいれてあります。

77COZUCHI中銀カプセルタワービル

 売買契約は12月6日にすでに済まされており、決済日6月27日が投資家への分配原資である、売却先からの支払い代金が入る日となります。

なぜか売却先がSPCであることが気になりますが、

売却先は現在銀座で約30億ほど不動産に投資を行う不動産投資会社のSPC


とあるので”売却リスクは低い”という評価なのでしょう。

 さて、先日COZUCHIの交流会で聞いたのですが、こういった案件は土地、建物に値打ちがあるため硬い案件であるとのことです。逆に危ないのが自然エネルギー案件です。どちらも不動産が担保になっていることが多いのですが、自然エネルギー案件の土地の価値はほとんどゼロなのです。それに対してこういった好立地、名所案件は十分に不動産に価値があるため、なにかがあっても、目も当てられないという事態が避けられるのです。

さて、この名所ビルも2021年3月に解体されることが決まりました(実際にいつ解体されるかは未定)

88COZUCHI中銀カプセルタワービル

 COZUCHIではこの名建築のカプセル部分は後世に残そうとしています。もちろん解体後残ったた土地は美味しく、利用されるのですが、その名残のカプセルだけでも残そうというのはなかなかロマンがあります。

さて、このEXIT案件、利回りはどのくらい想定を上回るのでしょうか?

 名実ともにロマンに満ちた案件と私は思います。9億円もの募集がかけられていますが、一体何倍の倍率になるでしょうか?

COZUCHI公式サイトへ
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村
Source: ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
COZUCHI、誰もが知る有名建築物EXITで高キャピタルゲイン案件組成!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-副業

Copyright© 副業まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.